私学とは

1号は、私学に入学しました。

附属的要素とか
本人の今後の進路希望とか
先々のいろんなことを考えて
病を持つ専業主婦の母と
2足のワラジの父が下した
苦渋の決断。


そんな1号は
部活でたくさんの友達もでき
ちょくちょく泊まりに行くようになりました。

そして
昨日も
大阪の友人宅に数人で泊めていただく。


帰ってきた1号の感想。


「・・・大きい家やったわ。(ここですでに羨望の眼差し)
 でさあ。やっぱり、私学に来るやつって、甘やかされてるんやな。」

おに 「???どういうふうに???」


1号 「親に対する口の利き方とか(特に母)、めっちゃえらそうやったわ。」





・・・・・・・・・・・・・・・。




そ、それは・・・・・・・・・



甘やかされているというよりも



母の性質(たち)というか性格というか


そこが影響しているのでは・・・・(||||▽ ̄)



ごめんね1号(〃▽〃)



うちは、あんな2号でも
母には勝てない(口で)。
それはもう
君たちが背負った宿命と
諦めてくれ。



お友達を大事に。


この記事へのコメント

ayu
2010年07月08日 14:21
AYUっ子も中学から私学いでした
ayuは保護者会などにいけなかったから
保護者様のことは知りませんが
娘いわくすごいわ~~言うてたわ
息子さんお友達もたくさんできてよかったね
おにばば
2010年07月13日 12:31
>ayuさん
ほんと、すごいんです( ̄ー ̄;)  
おにばばみたく、やさぐれた保護者は辛いです(爆
友達は一生の宝♪いっぱい作ってほしいです☆

この記事へのトラックバック