感動

1号の公式戦最終日でした。

3年生にとっては、最後の試合。
なんとか1勝してほしい・・・
そんな思いの父兄でした。


それまで、勝ったことのないチーム。
でも、確実に実力はついていて
強豪にも競った試合ができるようになっていました。

結果は、大差で勝利!!!!!

全くわからない私が観ていても
ワクワクできる試合展開でした( ̄▽ ̄)ノ"



試合後、写真撮影がありました。

全体写真の後
3年生の母とその息子が
それぞれ順番に撮影を・・・


それは、涙を誘う光景でもありました。


3年生の母に一人
障害を持った方がおられます。
身体障害です。
自力歩行は不自由ながらも可能な方ですが
遠方を応援に来られることは
きっと困難なことと思われます。
会話にも少し困難な部分があります。

その方の撮影の順番がまわってきました。


不自由な動きで立たれたその傍らに立った息子さんは
誰もしなかった
母の肩に手をまわし、笑顔で・・・


その瞬間
「わあああ!!」とか「きゃあああ!!」とかいう
母たちの感嘆の声が飛び交い
「いいなあ!うらやまし~~!!」
の嵐で・・・


きっと、彼もここに来るまでには
いろんな葛藤があっただろうな。
からかいの対象にもなったかもしれないし
辛い思いもしたかもしれない。

私が寝たきりになった時
そういう思いを子どもにさせるのではないかと
一番に心配したので・・・



でも



子どもは、きっとそんなハンディはガンガン乗り越える。


そして母は強いo( ̄へ ̄o)


愛情を持って一生懸命育ててこられた結果が
すごく感動を呼んで
あったかい空気が辺りを包みました。


私も2年後


絶対絶対


ハグで写真撮る( ̄‐ ̄)v 

"感動" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント